シュヴェルニーのドメーヌ・ド・ヴェイユー

イメージ 1
PBワインが、入ってきたので・・・

昨年行ったシュヴェルニーのドメーヌ・ド・ヴェイユー ネタを♪
我ながらシブイ訪問先をフランスに行く前 候補に挙げたが
さりげなく ずーっと売っているし 多くの飲食店さんも使ってくださっている造り手なので どんな畑かを見たいと思っていたので行ってきました。
 
 
こちらが、日本未輸入のロックス・オフのPB
レ・ヴェイエール 2010
 
 
 
イメージ 2
ミッシェル・ケニオさんに まず 畑を見せてもらいました。
ビオディナミ農法をかつてやっていたが もう止めたと言っていた。
(インポーター情報は、ビオディナミのままだ。)
 
 
ビオロジック(オーガニック)は、続けているけど
こういったビオロジックの先の方法論みたいなものは、自身のスタイルに合わなかったりして 変化するのは珍しくない。
ビオディナミの素晴らしさを語る生産者もいるが 止めてしまう生産者もいるということです。
 
樹の仕立ては結構高め。
 
 
 
イメージ 4
この時のピノ・ノワールは、こんな感じ。
 
あと1か月半ぐらいはかかりそうな具合(9月頭 生育が遅い。)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ホーロー コンクリの多いイメージ 3
醸造所内を見せてもらった後
事務所で座って試飲という意外とないなぁパターンで
息子さんのアルノーさんも参加してのテイスティング。(お母さんは、傍らで 事務仕事をしていました。w)
現在 シュヴェルニーの下の赤白とクレマンが、日本に入ってきていますが
白は、上の2クラス 赤は、1クラスあり 頂いてみました。
 
思いの外 日本未輸入のシュヴェルニー レ・ヴェイエールが、塩っぽくて 食中酒@日本として 人気が、でそうな可能性を感じ日本へ導くことができました。
 
 
イメージ 5
おっとりした優しい眼差しのアルノーくん
 
奥にはお母さんが。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ついでに
 
 
イメージ 6
こちらが、ドメーヌのおとなりの向日葵畑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
で こちらがミッシェル・ケニオさんの向日葵畑
 
ぶどう畑違いだと 少しやらしいので
除草剤入れたか入れてないかの映像特典。
 
畑を見て回ると ビオ云々より 除草剤に気持ち悪さを感じます。
 
 
 
 
 
 
9月のロワール シュヴェルニーでした。
スポンサーサイト



プロフィール

rocksofffujisawa

Author:rocksofffujisawa
湘南 藤沢のワインショップ
ロックス・オフです。

藤沢駅徒歩8~9分 江ノ電石上駅から1分のところでやってます。

2007年6月にナチュラルワイン(自然派ワイン)広める為に独立。

所謂 普通のワインやナチュラルじゃないオーガニックワインも扱っており 広くワインの普及に努めています。

ホームページ:
http://rocks-off.ocnk.net

facebook:
https://www.facebook.com/rocks.off.fujisawa/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR