花見にて

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

リスって
桜の花の蜜を吸う(食べる)んですねぇ

昨日 花見に行って 目撃いたしました。

驚きましたが
それは、ワタクシだけではなかったようで
騒然としておりました。(笑)

それにしても 散らす散らす。w


花見酒は、大岡さんのル・カノン ロゼ・プリムール 2008
クロのブログに詳細が、書かれているようですが

一言

12月、1月は、酵母の味ばかりで 酷かったが
ようやく味わいが、乗ってきた。
かなり美味しいので 今が、良い時期かと

花見のお供に♪

やはり 晴れた日に自然派ワインを
外で飲むのは、最高です。

スポンサーサイト



藤沢レコード社

イメージ 1

藤沢レコード社が、今月末で
閉店してしまうということで
半額セールをやっております。

記事書こう書こうとしてて 忘れるところでしたが
もうすぐ終わり。。。(苦)

高校生の頃 特によく行きましたが
その後 レコード屋で働いたこともあり
一時期 あまり行かなくなってしまいましたが
CDよりもレコードの種類が、圧倒している個性あるお店だった。

ストーンズもそうだが
ジャニス・ジョップリンやジミヘンなどの60年代のロックは、CDより
レコードの方が、断然 音が良いことを知ったのも この店のお陰とも言える。


藤沢で よりフラフラするようになって
たま~に行きだしたら このような事態。

前から欲しかった写真のレコードや日本盤 JUMPIN’JACK FLASHのシングルなどなど
散財させていただきました。(^^ゞ

しかし 残念であります。

こういう 
閉店した後で あーあと思うお店は、多い。
普段から もっと使っておけば良かったと・・・
思った時は、すでに遅く 
かけがえの無い思い出や思いは、本当に思い出になってしまう

大型店舗やチェーン店まみれの町にどんな未来があるのか

皆 同じ方向を見させられ 社会主義社会のような配給的供給に対し
ワタクシも商売をしていますが
そこに暮らす人間のひとりでもあり 憂いでおります。

個性をむき出しにして 大きいところと戦っても
負けることもあるかもしれないが
個性と指導性なくして 対抗は、できないと考え
打倒すべく 地域に根付く事に精進したいと
「淘汰される」という時代の末期に思う次第です。


そういえば ユニクロの向かいのジーンズメイトも今月で閉店みたいです。
暴風が、ふいている。

エスタの中 立ち退いている店が、相次いでますが
何かあるのでしょうか?
ご存知の方 教えてくださいね。

入ってきました。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

久々に入荷ワインネタです。

YOU ARE SO HAPPYが、売れているのとは
全く関係なく ミッシェル・オジェのワインが、やっと登場。

ソーヴィニヨン・ブランと樽熟短いピノ・ノワール&ガメイ。

グリオットは、シュナン好きなワタクシということもあり
白の取扱いが、多かったのですが
ガメイ、グロロー、ピノ・ドニスのブレンドの赤 着ました。

不満だった方
お待ちどうさまでした。(^^ゞ

先日の試飲では 多少還元してましたが
あのくらいなら 
気合を入れれば もしくは 時間をかければ
美味しくいただけると思います。

祝 優勝

イメージ 1

ナンバー・1 エステート キュヴェ・ナンバー 1 
ニュージーランド マールボロ

NO.1に輝いた時に飲む泡として
置いておりますが

ワタクシは、先に書いたとおり
優勝したら シャンパーニュと申しておりましたので
残念ながら こちらを飲みませんが

侍ジャパンには
賛辞を送らずにはいられません。

ありがとう!!

昨日は、スカッと
今日は、イライラ・・・

最後は、イチロー。
終わりよければ すべて良しで い~いんです♪

それにしても
韓国に勝ち越して 優勝出来て ホント良かったです。
いやはや

3回目 ギャラリーでのイベント

南藤沢のギャラリー 
「GALLERY CN」さんにて 
3回目となるワインとアートのコラボ・イベントを行います。

花よりワインなのか(^^ゞ
展示のアートが、何特集か ちょっと記憶が。。。(汗)

5月10日(日)14時~17時
ビュッフェスタイルの立食
ワインは、いつものように予定量内 飲み放題。

要予約(定員あり。)

詳しくはホームページにて♪

ここのギャラリーの方は、自然派ワインが、大好きなので
ワインに関しては 自然派ワインを主体に出します。

また 
今回の料理は、藤沢のイタリアン バレーナのシェフ 三田村さんが作られます。

ということで
イタリアワイン特集といった感じになる予感バリバリ。w

お誘い合わせの上
是非 ご参加ください。

白い祭典

今日は、ホワイトデイでしたね。

男性の皆さん いいワインを贈りましたか?

朝から贈り物のワインが、多く
常連の旦那様方は、ホワイトデイだから
ちょっといいワインをという方が、多かったです。

特に甘いワインという訳では
無いようでしたが
ワイン屋としては
ヴェレンタインのチョコのお返しが
ワインで 嬉しい限りです。w

レストランのディナーも オススメですが・・・

皆さん 素敵な夜になっていればと思います。

WBC

営業中見れないので
録画して観ております。

中国戦は、確かにストレスの溜まる試合でしたが
今日の韓国戦は、凄かったですねぇ

何度か 鳥肌もんでした。w

韓国サイドも日本戦 燃えるようですが
こちらもなのを忘れてもらっては 困ります。

前回のWBCも 気合で全試合観た中で
韓国戦には 苦汁を味わわされたので
今回も最大 5回あたりますが 全部勝つつもりで
頑張ってほしいものです。

というか 始まったばかりですが
祈連覇。

とりあえず
ワインが、旨い。(意味不明ですみません。。。)

優勝したら
シャンパーニュ 何を飲むか 楽しみに 考えたいです。(迷)
ワタクシの楽しみを奪わないよう
日本代表の皆様には 是非 お願いしたいところです。

You Are So~シリーズ最後の刺客?

イメージ 1

店頭では
お客様達に話していたので
待っていた方は、多いかもしれません。

話題先行なワインが、入荷いたしました。(笑)

内容が、強力かつ 数が、少しなので
即完の可能性大。

ルメール・フルニエのところに残された(?)
ニコラ・ルナールの醗酵が、止まらない 2002年のヴーヴレのモワルーを
天才 クリスチャン・ショサールが、引き取り
あのミッシェル・オジェの2004年のソーヴィニヨン・ブランを足して
後付けペティヤンと呼ばれる手法にて 
このワインを世に出してきました。

しかし 案内の字面が、派手ですねぇw

自然派ワインファンは、パブロフの犬状態に陥りそうな
スーパーコラボ(?)ワイン。

5月に再入荷予定あり。

ROYAL BLUE TEA

イメージ 1

ワインボトルに入り ワイングラスで楽しむ高級茶
ロイヤルブルーティーシリーズです。

取扱い開始しました。

お茶の入れ方を指導するのも
限界が、あると感じ 
プロが、じっくり時間をかけて作った最上な完成品のお茶を
提供しようと始めたのがきっかけで出来たモノだそうです。

今では 需要のほとんどが、高級ホテル、高級レストランだそうで
ノン・アルコールなハイソな方に絶大な人気をはくしているとか。

例えば 飛行機のファーストクラスで
お酒が、飲める方は、シャンパーニュを頼めますが
ノン・アルコールの方が、飲めるものといったら・・・

このような不公平感を取り除ける飲み物であり
食事中にワインを飲むのと同様な時間流れを
ノン・アルコールの方にも体験していただける
素晴らしいものと思います。

手摘み茶葉を お湯でなく 水出しし
無添加で仕上げた究極のお茶。

薬品を飲んでいるのに近いと言われるペットボトル茶や缶に入ったお茶。 

無添加で お茶を瓶詰めするのは お茶の性質を考えても 大変な事なのですが
殺菌に超高密度のフィルターを使用することにより
安全性の高い無添加のお茶が、可能になりました。

ロイヤルブルーティーという名前からも わかる通り基本アイテムは、まず
3つの青茶
フォール・イン・ラブ
リアル・ハニー
クイーン・オブ・ブルー
となっています。

それぞれに
グランド、インペリアル、プレミアム(青茶では クイーン・オブ・ブルーのみ)のランクが、あり
グランドは、生産製茶技術が、優れている茶畑の茶葉を使用。
インペリアルは、生産製茶技術が、大変優れていて 品評会に出品する茶畑や険しい山間部の茶畑の茶葉を使用。
プレミアムは、生産量が、希少で 品評会入賞茶 または 入賞クラス茶葉を使用。

そして 花茶である
ジュエル・オブ・フラワーズ 花 グランドが、1種。

さらに
静岡県で 茶葉作り名人と呼ばれる大田昌孝さんと内野 清己さんのやぶきたを使った緑茶
キング・オブ・グリーン マーサ 
キング・オブ・グリーン キヨミ 
の2種類のプレミアムが、ございます。

お酒を飲まない方を もてなす時やお遣い物。
妊娠中の方や お見舞いなどのお遣い物などには
まさに うってつけです。

第三期スタート

2月決算にて
うちの三期目が、今日からスタートしました。
どんな1年になるのか。

それにしても
土曜に棚卸は、正直 泣けてきました。

そして 3月は、酒屋ならではの
税務署向けの棚卸が・・・

スタッフのクロが、棚卸の鬼で良かった。w

棚卸の後は、ひょんな掘り出し物が、あったりするのが
常ですが
残念ながら 今回は、無さそうです。

さて
今日 藤沢のみやじ豚の宮地さんに誘われて
ROYAL BLUE TEA JAPANさんの湘南ビジネスコンテスト大賞受賞記念イベントに出席いたしました。

同じテーブルに
熊沢酒造の熊沢社長さん、ザンクトガーレンの岩本社長さんと中川さん
藤沢では御馴染み 古久家の小林社長さん
そして ROYAL BLUE TEA JAPAN 副社長 佐藤さんが、おられ

無から何かを生み出す仕事をされている方々を
羨ましく思うワタクシとしては
とても楽しかったです。

そういえば お顔を見た程度でしたが
藤沢市長さんもいらしてました。

嬉しい打診で
ROYAL BLUE TEA JAPANさんの素晴らしいお茶を
販売させていただく事になりました。

詳細は、追って またですが
藤沢の産業の発展に少しでも役に立てればと
思っています。

今日 色々 テイスティングをさせていただき
味わいについては ご案内できると思いますが
さらに説得力のあるお話が、出来るよう
今からお茶の勉強をします。(笑)
味わいも 奥も 深い。。。

プロフィール

rocksofffujisawa

Author:rocksofffujisawa
湘南 藤沢のワインショップ
ロックス・オフです。

藤沢駅徒歩8~9分 江ノ電石上駅から1分のところでやってます。

2007年6月にナチュラルワイン(自然派ワイン)広める為に独立。

所謂 普通のワインやナチュラルじゃないオーガニックワインも扱っており 広くワインの普及に努めています。

ホームページ:
http://rocks-off.ocnk.net

facebook:
https://www.facebook.com/rocks.off.fujisawa/

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR